薬剤師の職場による制度、管理薬剤師など

user-pic
0
薬剤師の働く場には、研修制度、システムを用意している場合もあります。 しかし、その制度の中身が実際、役に立つものなのか?という疑問を持つシステムが用意される会社も存在しますから、この薬剤師のための研修制度とは、すべての制度が役に立つ者ばかりでないという事は、認識すべき点です。

又、有名な薬局(調剤)でも、知識や経験が身に付く研修制度というものが、必ず導入されているとも限らず、この部分は就職をする際などに、ある程度調査すべきではないかと思います。 研修自体、そもそも、実力のある存在がいるか、否かで研修をするか、どうかを決めている、という部分が多分に考えられます。

研修等を行う場合の資本金というものは、当然魅力ではありますが、店舗の拡大に使用するか、教育のために使用するかの選択肢により、数年前に教育にお金を 使用していないために、指導者がいない状態で、日常の業務で能力が上がる薬剤師を育てる事ができないという可能性もあります。 こうした事は、管理薬剤師で判断し、内科を外さないような形で、設立してからの年数が長い割に店舗数が少ない調剤薬局で、紹介したような事を意識し、選び ながら修行されるというのもお勧めです。 (※参考に管理薬剤師の求人情報はこちらです)

やはり研修制度を設けるにあたり、優秀な存在が中心にいる事で、それだけで勉強になりますし、調剤薬局で働く事は、病院のみの経験出身という存在と接する ことで、融通がきかないので、業務が遅いという事や、コミュニケーションスキル自体にも不安を抱えるとか、何より保険の知識自体もないですから、機械操作 ができないという方もおられますから、経営者側にとっては、メリットがない。

病院自体、面接の際に不利な状態で十分に話を聞き出せなかったり、赤字経営というのは、病院等では、当たり前ですから、そこに入ってみなければ実態がわからず、こんなはずでは、となる事も多いのです。 労働の条件、仕事の内容、見学とか事前の情報が入りづらいと考えられるので、リスクは当然高いという事になるのです。

薬剤師における研修は、そもそも、役に立つものと考えられてはいるものの、実は、意味がないものが多く、必要あるのか?というものを多い事から、こうした制度を利用し、少しでも勉強したいという場合は、事前にその制度の内容をある程度調べられる事も必要かと思います。

最近は、転職をするにあたり、薬剤師専門の転職支援サービスが存在しますが、そうしたサービスにはコンサルタントが存在しますから、調査等もきちんと行ってくれますので、そうした面でのリスクは当然、低くなると考えます。

このブログ記事について

このページは、りゅうきが2013年6月19日 15:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「すっぱりやめるのもいいけど」です。

次のブログ記事は「こんな警察官もいるんですね」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク