薬剤師の男性ってどう?

user-pic
0
薬剤師になりたいって思う人は、なぜそう感じるのでしょう?
安定している職業というのが大きいのでしょうか。
薬剤師は安定的で良い仕事というイメージがあると思いますが、
それは女性の場合に多い印象で、男性薬剤師に対してはあまり世間の印象が良くないんですよね。
それは薬剤師の仕事も給料も、何だか中途半端という理由なんだそうですよ。
もちろん薬剤師免許を取るのは大変ですし立派な仕事です。
でも、何となく男性の職業として見ると、良くも悪くもないというイメージなんですよね。
なぜ薬剤師になりたいと思ったのか、という点が疑問視されたりします。
それは薬剤師の仕事が「センス」や「技術」を必要としないからだと思うんです。
医師などはセンスや才能なんかが結構重要だったりしますよね。
しかし薬剤師の仕事は多くが免許と知識さえあればできる仕事で、そこに魅力を感じないという人も。
初任給が良い反面、その後収入が大幅にアップするケースが少ないので、長い目で見るとそれほど待遇の言い仕事でもないらしい。
仕事で男性を選びたくはないですが、こうした世間のイメージに私自身もうなずけてしまう部分がありますね。
実際その仕事に就いている人も、否定できないと感じていることがあるようです。
ところで、薬剤師といえば薬局やドラッグストアで薬を出す、というイメージが強いですが、
少し変わった職場だと、例えば倉庫会社で働く薬剤師などもいます。
荷物に医薬品が入っているとしましょう。それを管理する薬剤師が必要なわけですね。
荷物の品質管理やラベルの管理なんかに加えて、デスクワークも発生するのでPCスキルも必要になります。
薬剤師という職業を選んだとして、その後はどうなりたいか、しっかりと考えなければなりませんね。

このブログ記事について

このページは、りゅうきが2014年1月27日 12:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「すっきりしない天気です」です。

次のブログ記事は「お金のことばかり気になる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク